湖水真珠について

Lake Water Pearl湖水真珠について湖水真珠について

「湖水真珠」それは私たちの誇りです「湖水真珠」それは私たちの誇りです

淡水真珠は年間1000t程度の水揚げがあると言われています。

その中でも私たちが目指す「世界最高品質の淡水真珠」は、全体の数%にも満たないとても貴重で素晴らしいものです。

「世界最高品質の淡水真珠」は、感嘆のため息とともに世界中で愛されていますが、絶対量が少なくまだ皆さんがお目にする機会は少ないかもしれません。

そのため淡水真珠とは安く、質があまり良くないものと誤解されることもあります。

そこで私たちはこの「世界最高品質の淡水真珠」を、通常の淡水真珠とは区別するため「湖水真珠」と呼ぶことにしたのです。

「世界最高品質の淡水真珠」これが薬師真珠が提唱する「湖水真珠」なのです。

湖水真珠

湖水真珠の故郷から湖水真珠の故郷から

湖水真珠の生産地

湖水真珠の故郷は中国長江流域の河川ですが、一番多く養殖されているのは海側の江蘇省と浙江省です。採れた真珠の多くは一旦杭州・蘇州にある各々の真珠市場に集められ、そこから全世界に届けられます。

湖水真珠の母貝

湖水真珠の採れる貝は三角貝(ヒレイケチョウガイ)です。珠の主な特徴は無核・鮮やかな色・滑らかな珠肌です。1つの貝から採れる真珠の数は30~40粒位で、本当に納得いく高品質の珠はそのうち1粒あるかないかです。

湖水真珠の仕上げ

厳選して買付けた珠をさらに選別して、大きさ・形・色・キズ・テリを細かく分類します。何段階もの厳しいチェックに合格して初めて皆様のお手元に届く準備が整います。

湖水真珠の生産地

ページトップへ

豊富なかたち、多彩な色豊富なかたち、多彩な色

湖水真珠の形の豊富さは、天然の芸術と言われるほど魅力的かつ個性的です。
色調は鮮やかで多彩な天然色です。
色はパープル、オレンジ、ホワイトを基調としています。

ラウンド
ラウンド型の湖水真珠
ドロップ
ドロップ型の湖水真珠
ボタン
ボタン型の湖水真珠
バロック
バロック型の湖水真珠

ページトップへ

無核の湖水真珠と有核真珠の違い無核の湖水真珠と有核真珠の違い

湖水真珠
ヒレイケチョウ貝/無核真珠
年輪のように中心から真珠層が巻いている
無核真珠

無核真珠とは

母貝にピース(細胞片)のみを挿入し、真珠層を巻かせた真珠です。
珠のすべてが真珠層で形成されています。

養殖期間(湖水養殖)

3mm位の小粒真珠は約2年間くらい、
8mm以上の大珠は7~8年間湖水で養殖されます。

色の種類

ホワイト、オレンジ、パープルをメインに、それらの中間色や、メタリック系の色など、さまざまな自然色が美しく現れます。

アコヤ真珠
アコヤ貝/有核真珠
白い核の外側を真珠層が巻いている
有核真珠

有核真珠とは

母貝に真円の核(貝殻やプラスチック製など)とピース(細胞片)を挿入し、その上に真珠層を巻かせています。

養殖期間(海水養殖)

1~3年の間、海水で養殖されます。

色の種類

ホワイトと一口にいってもピンク系・グリーン系があり、その他にもゴールデン・ブルーなどがあります。

ページトップへ

良くあるご質問良くあるご質問

Q1今まであった淡水真珠と何が違うのですか?
A1湖水真珠はヒレイケチョウガイを母貝にもち、滑らかな珠肌と鮮やかな色調が特徴の真珠です。以前の淡水真珠は琵琶湖や霞ヶ浦で養殖されるカラス貝を母貝にもつ、細長くシワが特徴の『シワ淡水』です。
Q2珠の色は着色しているのですか?
A2いいえ。着色加工やコバルト照射などによる変色加工はしておりません。しかしどのような仕組みで色が決まるのかはっきりとは解明されていないため、思い通りの色の珠をつくりだすことは難しい段階です。
Q3珠の色は何色が一番多いのですか?
A3採れる珠の殆どがオレンジからホワイトにかけての中間色で、パープル・オレンジ・ホワイトなどが鮮やかな色合いは本当に少ないです。3色の比率は、パープルが少なく、次にホワイト、オレンジの順になります。
Q4養殖期間はどのくらいで、どれだけの大きさができるのですか?
A4目安ですが3mm以下で1~2年、3~5mmで2~3年、5~7mmで3~5年、7mm以上で5~8年の間です。
Q5珠の価格はどうちがうのですか?
A5珠の価格は大きさ・形・質・色などで決まります。大珠は希少価値や養殖期間のリスクなどで1mm違えば価格が大きく変わります。また湖水真珠は色も重視され特にパープルは少なく希少性が高いです。

ページトップへ